男の人

うつ病になる原因とは

花

うつ病になってしまう原因に、他の病気を治療している最中に使った薬の副作用やストレスが原因となり、うつ病になってしまったという患者さんは少なくありません。そのため、病気にかかったときは、自分の飲んでいる薬がどういった副作用を持っているのか、病気によるストレスをどう緩和することができるのかを知っておくことが大切なのです。引き起こす可能性があると言われている病気は、癌や心筋梗塞・脳血管障害などです。人間はこのような命に関わる病気を医者に告げられたとき、精神的に大きなダメージを受けます。そのダメージが不安や精神的に不安定になってしまうキッカケとなり、うつ病を発症させてしまうのです。脳血管障害の場合は、血液中に含まれる酸素が脳全体に行き渡りにくくなり、脳の機能に影響を与えてしまう場合があります。例えば、中脳という部分に異常が出てしまうと、神経伝達の役割を持っているセロトニンやドーパミンの量が減ってしまいます。そうなると、うつ病のリスクが高くなってしまい発症しやすくなると言われているのです。その他にもうつ病のリスクを高めるインターフェロンという薬を長期間飲み続けてしまうと、副作用が出てしまうとも言われています。インターフェロンの副作用として有名なのが、不眠症や幻覚症状・不安になりやすいといった精神神経症状が出やすくなると言われています。しかし、現代のうつ病患者の多くはこういった病気や薬が原因ではなく、環境的ストレスが原因となっていると言われています。最も多いのが、人間関係や職場でのストレスです。新しい場所に行き、新しい人間関係を築かなければいけなくなった時など上手く関係を保つために精神的に気を使ってしまいます。その結果、心が疲れてしまい消極的になりやすくなってしまうのです。仕事が原因となるストレスは、新しい職場や慣れない仕事でトラブルやミスが続き、自分に自信を持つことができないといったことが理由になるケースも多く報告されています。気持ちの切り替えが上手くできない人や、慎重に行動してしまう人はうつ病になりやすいため、注意した方が良いでしょう。しかし、こういった事以外にも健康面が原因になる場合もあります。食生活が乱れている人・運動不足の人・睡眠不足の人などです。運動不足になってしまうと、知らずしらずのうちにストレスを溜めてしまうと言われています。また、食事のバランスが崩れてしまうことで発症しやくすくなる場合もあるため、うつ病対策をしたいという人は適度に運動をしたり生活習慣を整えたりすることが大切です。