爽やかな毎日を過ごすために~うつ病治療のはなし~

うつ病になる原因とは

花

うつ病になってしまう原因は様々で、人によって異なると言われています。そのため、どういったことが原因になるのか知っておくことも大切です。薬やストレス以外にも、一見関係の無さそうな睡眠や食事、運動などの生活習慣が乱れることでうつ病になってしまうこともあります。

Read More..

治療が始まるまで

服用

うつ病特有の症状が出ている場合、精神科や心療内科を受診し、病気かどうか問診を行ないます。この時にうつ病が判明した場合に薬を用いた本格的な治療が開始されます。その流れを見ていきましょう。

Read More..

症状が進む過程

錠剤

初期の段階でうつ病を発見出来れば、薬と精神療法二つを組み合わせることで早い段階で完治することができます。まずは初期の段階から中期にわたる過程を頭の中に入れておきましょう。

Read More..

回復の兆しが見えるまで

ドクター

薬なしで生活ができるまでに快復する人は全体で半数以上になりますが、残りのうつ病患者はまだそのような状況ではありません。完全復活までの期間がどの程度かかるのかを知るにはまずデータを見ることが重要になります。

Read More..

うつ病とは

カウンセリング

最近、うつという言葉をよく耳にしますがどういった症状がうつと言われているのか詳しい症状を知っている人はあまりいません。そのため、うつ病を理解したい人や予防したいという人は、その病気を発症してしまう原因や発症しやすい人の特徴などを調べておきましょう。うつは、心の風邪と言われるほど心の病気の中では発症率の高い病気です。そのため、自分が気づいていないだけでうつ病になっていたという人も少なくありません。最近、急なストレス増加や生活環境の変化、体調不良などが続く場合はインターネットで簡単にできるうつ病チェックリストで確認してみましょう。うつ病チェックリストには、幾つかの項目に当てはまる物だけ選んでいきます。選んだ項目の数によって、簡易的に状態を判断することができるため、チェックシートで引っかかった人は専門医のいるクリニックに行って相談してみましょう。チェックリストだけでは納得できないという人は、うつ病になった時に現れる身体的症状なども一緒に確認しておくと良いでしょう。身体的症状も当てはまる場合は、自分を過信しすぎずに勇気を持って、クリニックに相談してみることが大切です。自分ではなく、友人や家族がうつ病の可能性がある場合もチェックリストを使った診断をすることができます。家族や友人が当てはまった場合は、一人でクリニックに行かせるのではなく、一緒に付き添って行くようにしましょう。うつ病の自覚症状が無い人や、既に状態が進んでしまっている人の場合、クリニックを受診することに抵抗を感じてしまい受診せずに逃げてしまう可能性があります。うつ病は心の病気ですが、薬で治療することもできます。しかし、周りの理解も大切と言われているためしっかりと調べ理解できるようにしてください。うつ病患者に対する接し方や、どういった治療方法が最適なのか、医療費に関することなどインターネットで調べることができるため、もし、うつ病と診断された場合は早めに対策を取っておきましょう。早めに対策を取ることができれば、医療費や接し方などを事前に知っておくことができるため安心です。薬を使って治療を行なう場合は、一緒に飲んではいけない薬や、薬による副作用などが出てしまう可能性もあるためそういった事も調べておくと安心と言われています。急いで治す病気ではないため、焦らずにゆっくりと治療していきましょう。